スポンサードリンク

2007年08月21日

読書感想文の本の選び方2

誰でも時間がなくてもすぐできるテクニック!
今回は前回に引き続き読書感想文の書き方で最初の問題となる


『課題図書の選び方』


ですが、今まで読んだ本から選ぶ、図書館で選ぶというお話をしました。

今回はさらに裏技。


課題図書として、図鑑を選ぶ、ということです。

図鑑だって立派な本ですし、何の問題もありません。
しかも図鑑の素晴らしいところは、感想文を書くのが本当に楽なんです。


考えてみて下さい。

例えば『恐竜の図鑑』を選んだとします。

図鑑ですから、基本的に写真や絵がほとんどとなります。
文字はあまりありません。

そうすると本を読む時間が短くて済みますね。
どんな恐竜がいたかな〜ってくらいを確認するために眺める程度でも終わってしまいます。

そして実際に感想文を書く作業に入ったときに、図鑑を利用して文章を書こうと思ったら、自分で考えて書くしかないのです。

これは素晴らしいメリットです。
オリジナルの文章ですから、まさに感想文。
文句の付けようもありません。

自分で考えるというと難しく感じるかもしれませんが、例えば『プテラノドン』という恐竜を見て、

「プテラノドンは○○という時代に生きていて、○○色で、○○のような姿をしています。○○というエサを食べていたようです。今の時代でいうと○○に似ているかもしれません。すごく鋭い目つきをしているので怖い性格をしているように感じました。もし今の時代に生きていたら……」

みたいな感じでどんどん書いていくのです。

そして最後にその図鑑に載っていた動物や植物に関する全体を通して感じたこと、思ったこと、わかったこと、自分がその環境にいたら、などのことをまとめて書いてしまえば終わりです。

もしかしたら、前回お話したケース1、ケース2よりも早く終わってしまうかもしれませんね。

ケース2のように図書館で本を選ぶのならば、そこで図鑑を探してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

posted by 読書 at 17:04| 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書感想文の本の選び方1

読書感想文の本の選び方について説明をしています。
こんなところで貴重な時間を使ってはいられませんからね。
では簡単な読書感想文の書き方にさっそく入っていきたいと思います。

前置きばかり長くても仕方ないですからね。
これからは具体的な感想文の書き方をお教えします。

さて、まず読書感想文を書くにあたって、最初の壁となるのは、


本の選び方


ではないでしょうか。

どんな本を読んだらいいのか悩むところだと思いますし、そこがハードルとなってしまって書けないということもあると思います。

賞を取りたいという人は、学校で勧めている課題図書なんかを読めばいいと思いますが、そうではない場合どうすればいいのか考えてみます。

ケース1・今までに読んだ本を思い出して書く。


ケース2・図書館で選ぶ。



ケース1では『今までに読んだ本を思い出して、新しく本を読まずに書く』というのを考えてみます。

これはお手軽ですね。

基本的に読書感想文なんて出せばいいもの、と考えれば新しく本をわざわざ読む必要なんてありません。
すでに読んでいるわけですから、さっさと感想文の作業に入れるわけです。

ちなみに普段、本を読まないという人は、両親や兄弟、おじいちゃんやおばあちゃんから本の内容を聞くという方法もあります。裏技ですが。

そのときは、聞かれた本人も具体的に内容を覚えていない場合がほとんどだと思いますが、なんとか作品のタイトル、登場人物の名前、あらすじなんかを原稿用紙半分くらいでまとめられるように聞き出しましょう。



ケース2は『図書館で選ぶ』ですね。

わざわざ新しく本を買うにもお金がかかりますから、是非図書館を利用しましょう。
図書館ですからいくらでも本はあると思いますが、そのときの注意点。

簡単に読めて、しかもみんながあまり知らない本を選ぶ。

ということです。

みんなが知らない本について書けば、多少あらすじが長くても『なるほど』と思って読んでもらえますし、内容を多少間違っていても『こいつちゃんと読んでないな』ってバレません。

あまり難しい本や話が長い本も選んではいけません。
単純に時間がかかってしまいますからね。

そこそこの内容で、すぐ読める、みんな知らない

このあたりに注意して選んでみて下さい。
読む時間より選ぶ時間のほうが長いくらいでもいいかもしれません。

スポンサードリンク

posted by 読書 at 16:47 | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。