スポンサードリンク

2013年08月30日

読書感想文の簡単な書き方

読書感想文の簡単な書き方を説明しています。
今年の夏もすごく暑い日が多いですけど、夏休みはたくさん遊べるから楽しいですよね。
でも長かった夏休みも半分が過ぎて、日焼けして真っ黒な小学生、中学生のみなさん。

宿題は終わりましたか?

夏休みの宿題もやらずに、日々無計画に遊んで、8月31日は恒例の家族みんなで宿題を手伝ってもらう、なんて状態になりそうになっていませんか?

イベントもたくさんあって、陽気もいい夏休みに家で机に座って勉強だなんて、考えただけで面倒だと思ってしまうかもしれませんね。

でも現実には、9月に入って2学期が始まるとともにやってくるわけで、そのときに先生に『君、夏休みの宿題は?』って聞かれて、後悔することになるかもしれません。

夏休みの宿題の中でも面倒なものってやはり、読書感想文ではないでしょうか。

もし、この読書感想文が一日で終わってしまう方法があるのならば、最悪、9月に入ってからでも『最初の授業のときに持ってきます』なんて苦しい言い訳をしてからでも間に合うと思いませんか。

いや、そんな状態になる前に、8月の後半である今からでもさっさと終わらせることができて、夏休みを遊ぶことが出来ると思いませんか。

そんなことができたらいいですよね。

そして。

そんな方法が、ちゃんとあるのです。

勘違いしないで欲しいのは、決して適当に終わらせるための方法ではなく、

『1日で書いたとは思わせない読書感想文を1日で書く』

というのがミソなのです。

いや実際のところは1日なんてかかりませんよ。やってみればものの数時間!早い人なら1時間で終わっちゃう!

簡単に終わらせたのに、良い評価がもらえる、そんな読書感想文。
それをやり遂げる方法をここでお教えします。

せっかくの夏休み。

勉強も大事ですが、遊ぶことだって同じくらい大事なのです。

よく遊び、よく学ぶ。

これは昔から変わらない名言ですね。

今からでもすぐにできるこの読書感想文の書き方をマスターして、残りの休みを満喫しましょう!

スポンサードリンク

posted by 読書 at 19:02| 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。